Hayden Surfboard Blakcat

このボードをオーダーして入手したのは、ボクがバリに来て約1年が過ぎた、2009年の頃でした。
ボクが神戸在住の頃に通っていたサーフショップ KKD( 「Bow’s ボードヒストリー:K-SHAPE GRAY GHOST」参照 )の時代からボクの憧れだった( Kakai Surfboard オーナー&シェーパーの抱井保徳氏に「今ショートボードで興味のあるボードはありますか?」と聞いたところ「オーストラリアのボード・ブランド、Hayden Surfboard (ヘイデン・サーフボード) が気になるねぇ」と言われました。

早速インターネットで調べると、オーストラリア向けのオーダー通販はありましたが、オーストラリア国外には対応していませんでした。 オーストラリア在住の友人が受取人になってくれることになり、早速オーダーしました。
インターネットで、削ってもらうシェイパー名、タイプ(ボクはプロ仕様を選択)、サイズ( 5’10” × 18”3/16 × 2”3/16 )、マークの位置等を入力し、オーダー完了です。

約 2 か月すると、ボードが届いたと、連絡がありました。
「近々オーストラリアに行くからその時に受け取るよ」
なんて言っていたのですが、実際にはなかなか行くチャンスがないまま数か月が過ぎたころ、別の友人がバリとオーストラリアを行き来するとの情報をキャッチ。事情を話すと、彼も快く引き受けてくれ、なんとかボードを手にできることになって、ひと安心したのでした。

ところが、デンパサール空港の国際線出口に現れた友人は、なんと手ぶらだったのです。
「あれ!?ボードは…???」

「うん、持って帰っては来たんだけどさ。入国の検査官で止められちゃったんだ。  『ボードに値札が付いているから、これは輸入品扱いだ。商品代金の 75 % を支払わないと持っていっちゃダメ』だって。とりあえず、そのままボードを検査場に置いて来ちゃった」

なっ…、ななじゅうごぱぁーせんとぉー???
ああ…なんという不覚…。
悩んでも、どうしようもないので、とにかくボクは、空港出口から入り込み、バリ島に到着した人々の流れに逆行して、関税事務室へと、すっ飛んで行きました。 ※普通は出口から入ることはできないのでご注意ください。

さあ、ここはバリ島です。どう交渉するかが運命の分かれ目。
交渉事となると俄然やる気がみなぎってしまうボクですが、あくまで冷静に頭の中の計算機をフル稼働させながら、少し困った顔をして、事務室のドアをノックしました。

ボク  「あの~、そう、そこのサーフボードの件なんですけど。お支払はおいくらになりますか?」

検査官 「商品価格の 75 % やから、Rp.400 万(当時 5 万円相当)やね」

ボク 「ええっ!!ほんまですか!?どないしよう、そんな大金、持ってないし… 困ったなぁ…」

検査官 「そうか、まぁ大金やからな。ほな、いくらなら出せるんや?」

ボク  「彼はオーストラリアから戻ってきたばかりで、持ち金がほとんど、ないんですわ。Aus$100(8,000 円相当)が限界やなぁ」

検査官 「フン、そんな金額じゃ話にならんわ」

ボク  「うーん 困ったなぁ…。あ、そうだ!じゃ、これでどないですか!ボク、今、Rp.20万(2,400 円相当)持ってるんですわ。それを追加しますわ。これでなんとか、どないですか?!」

検査官 「しゃあないな、Aus$100 と Rp.20 万か(合計10,400 円相当)。まぁええわ。ハイ、持って行ってええで」

…実際はインドネシア語で、こんなやりとりの末、なんとか念願のサーフボードを手にしたのでした。

Hayden Surfboard は、「ファイバーフレックス」という、ストリンガーがなく、レールがカーボンのフレームになっており、それでフォームの EPS を包んでいるという、当時としては最新鋭の素材を使ったボードです。軽量で、ボードのしなりと反発がよく、 ボトムターンの“ため”が効いて、リップの反発で、弾けるような軽快な乗り心地が楽しめます。 あれからもう何年も経ちますが、今もバリバリ現役です。 チャングー、ウルワツ、パダン等の掘れた波のブレイクでは、特に愉しませてくれる、お気に入りのサーフボードです。

最後に。余談になりますが、サーフボードに限らず、バリ島に何か持って来られるときは、輸入品とみなされないように、包装を取っ払ってくるとか、なによりまず、値札をはずして来られるのをおすすめしたいと思います。

[ information ]

Kakai Surfboard http://www4.ocn.ne.jp/~k-shape/ Hayden Surfboardhttp://www.haydenshapes.com/page_var14

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。